SSブログ

洋画「山羊座のもとに」イングリッド・バーグマン

原題は Under Capricorn で、「南回帰線にて」といった程度の意味らしい。オーストラリアのことを指しているそうだ。
南回帰線は、the Tropic of Capricorn(山羊座の回帰線)というらしい。ヘンリー・ミラーの作品のタイトルにあるのを本棚で見つけた。これから読もうと思う本の一冊だ。

アルフレッド・ヒッチコックが監督、イングリッド・バーグマンが主演。
それなりにおもしろく見られた。
「育ちが違う」とすれ違う夫婦であるが、
最後は愛ゆえに和解する。
イングリッド・バーグマンがまだ美女だった時代。
Yahoo動画で見たが、名作がぎっしりで驚き。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。