SSブログ

遼東の豕(りょうとうのいのこ)

遼東の豕
(りょうとうのいのこ)

世間を知らないものが、自分だけが偉い者だと思っていい気になることのたとえ。遼東に住んでいた農民が、頭の白い豚が生まれたのを非常に珍しいものだと思って、献上に出かけたところ、河東の豚はどの豚もみんな頭が白かった。
これと同じで世間の狭いものは、世間の広いことを知らないから、少し何かすればとてつもなく偉いことをしたつもりでいるが、他人から見ればそれはなんでもないことで、誰でもそれぐらいのことはしているということの戒め。


東京マラソンまじめな豆腐屋と政治 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。