SSブログ

症例としての名探偵モンク

ベッドの中で、
名探偵モンクを読み始めた。おもしろい。

モンクは清潔強迫、不潔恐怖という設定である。

清潔強迫、不潔恐怖、不潔妄想と並べて考えると、
それぞれ微妙に違うものをさすのだけれど、
そんなに意味のあることかなあと思った。(下で訂正。)

モンクは、自分が「不合理でばかばかしい考えに囚われている」とは
感じていないようで、
不潔に対して他人が寛容な様子に
素直に驚いている。
強迫症の場合には、自分の囚われている考えが、
不合理でばかばかしくて、本当は間違いなのだと充分に承知している。
自分はそう感じてしまうが、常識は違うのだとよく知っている。
それでも考えてしまうし、行為してしまうので、苦しむ。

ということは、モンクの場合は、不合理の自覚がないので、
強迫症ではなくて、妄想症の部類に入るのだけれど、
生活における障害が特に大きくないし、
うまくクリアーできているので、
「事例性」がないといえるだろう。

事例性がない場合には、強迫でも妄想でも、まあ、取り立てて厳密に言わなくてもいい。

分析医にかかっているという設定であるが、
あまり役に立っていないような気がする。
事例性がない場合には役に立たなくていいという教えである。

*****
ここまで書いて考え直した。
これは小説だからこうなっているのであって、
このような人がいたとしたら、
多分、きちんと治療した方がいい。

強迫と不安と妄想は、隣り合っているが、やはりかなり違うもので、
あいまいにはできないし、すべきでもない。

小説がおもしろかったので、ついつい、
こういうタイプの人がいてもいいと
引き込まれたというところだ。
これはフィクション。あくまでも、お楽しみ、である。
続きがあるので、夕食の買い物のあとで、読む。



共通テーマ:日記・雑感
CO29.11に関する国会質疑 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。