SSブログ

恋人に会えない淋しさを慰める為に、いろいろなこと

解説によれば、万葉集においては、
恋人に会えない淋しさを慰める為に、いろいろなことをしている。

どんなこと?

例えば野山を遊び歩いたり、
花を植えたり、
恋人ゆかりの地へ行ってみたり。
しかしなぐさめる為にする行為は結局はなぐさめにならない。
恋人に会うこと以外に淋しさは解消されないのである。
なんて解説にある。

まさか。そうかな?10代ならば、そうかな。
これじゃ高校の教科書だな。
わたしなら、異性に逢うこと以外にたくさん淋しさ解消がある。
異性はむしろ煩わしい。愚かで幼くて貪欲である。
わたしの美しさにしか興味がない(!)。

万葉の時代はあまり楽しみがなかっただろうし、
時代を経て残るのは、
こうした感情なのだろうけれど、
また、説明しやすいし、高校生や大学生向けに説明しておけば、
マーケットで価値が出るのだろうけれど、
いつまでも高校生の性欲やどきどきが続くものでもない。

・・・わが恋ふる 一重の一重も 慰もる 情もありやと 吾妹子が
止まず出で見し 軽の市に・・・              人麻呂 2-207

・・・ここ思へば 胸こそ痛き そこ故に 情和ぐやと 高円の
野にも山にも うち行きて 遊び歩けど          家持  8-1629

・・・酒宴 遊び慰ぐれど 射水川 雪消溢りて 逝く水の
いやましにのみ・・                  家持   18-4116

・・・見るごとに 心和ぎむと 繁山の 谿辺に生ふる 山吹を・・・家持   19-4185

恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島陰に廬するかも              15-3620


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。