SSブログ

老いた妻と夫・それぞれの言い分・配偶者選択を間違えた男の末路

わたしはね、あの人を許しませんよ、
あの人は、若い愛人に走ったんだから、
そのときの私のことを考えてください、
自分が体が悪くなったというんなら、
その人に面倒見てもらったらいいじゃないですか、
二人とも、よくってくっついたんでしょうから、
それを、
いまさら、
なんですか、
わたしが面倒見るんですか?
いいときだけはあっちで、
大変になったら、こっちと?
まさかねえ。

*****
と奥様はご立腹である。

しかしまた夫は言うのだ。

*****
わたしが浮気したから
私の面倒を見たくない?
あの人の言いそうなことです。
歳をとってから親切に面倒を見てもらえると確信できたら、
わたしだって浮気なんかしませんよ、
本気で、自分の人生のすべてを託せるパートナーが欲しかったんです、
浮気なんかじゃありません、
残念ながら、
そうはできませんでしたが。
でも、悔いはないんです。
わたしはトライしたんですから。
運がなかっただけです。
あの人はわたしが浮気をしてもしなくても、
私の面倒を見てくれる人じゃないんですよ。
それが分かったからこそわたしだって
放浪したわけで。
いつまでも人のせいにしていればいいですよ。
もう慣れてますし、
驚きませんがね。
歳をとると、自分のしもが緩くなるのも分かるんです、
臭いもきついなって思います。
そんなのをあの人がきらうことは分かっているんです。
虐待ですよ、一種の。
でも、あの人は冷たいマゾヒストで、
こころは鉄のようです。
配偶者選択を間違えた男の末路とでも書いてください。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。