SSブログ

笑いを与える人生

日本語で笑いというと、
ひとつには、
「人に笑われる」という言葉でもわかるように、
冷笑、嘲笑、見下されるという意味がある。
また一方では、
温かい笑い、ユーモア、を意味する場合がある。

正統派のヒーローとヒロインは愛と勇気を運ぶのであって、
笑いを運ぶのは、三枚目である。その多くは、嘲笑である。

魔法使いサリーが運んだものは、愛と勇気だと思う。三つ子が笑いを担当していた。
ユーモアとリラックスと、そして自分を笑う寛大さと、そうしたものがもっと育たないものかと思う。

アレルギーセンターのある宴会で。
家族も参加する宴会で、ある先生の、生まれたばかりの赤ちゃんがみんなに抱っこされていた。
人懐っこくてよく笑うので、大人気だ。
パパがめがねをかけているので、どうやらめがねをかけている人に抱っこされると喜ぶらしい。
その中で、ある先生が抱っこしたら、やはりめがねに反応したのか、よく笑ったのだ。
その先生はしぶく、「あれあれ、この子はまだ善悪の区別がついてないな」と言ったのだ。

解説すると、自分は悪で、その子のパパは善で、
悪に抱っこされて笑うとは、まだ善悪の区別ができていないということなのだ。
一種のユーモアだと思うのだが、出典があるのかどうかは、分からない。
どうしてだか、記憶に残っている。

学生時代には、
肺の写真を見て、ガン性腹膜炎、腹水がたまっていて、状態は悪い、
それを、「フクスイ盆に帰らず」と言った同級生がいて、そのこともよく覚えている。
その人は今は全国的に有名な医者だが、
そんな発言をして私を笑わせたことももう忘れているだろう。

いいことをしたときも、いいことをされた人は覚えていて、した人は忘れてしまうものだ。
悪いことをしたときも、悪いことをされた人は覚えていて、した人は忘れてしまうものだ。

ユーモア集などは多くあるので、すこしは身につけられるだろうか。

共通テーマ:日記・雑感
呪文・呪術優しい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。