SSブログ

論文とプレゼンテーション

論文とプレゼンテーション

最近のプレゼンテーションの仕方は、
スライドを用意して、それを説明していく方式だ。
でもそれならば、
印刷物でいいのだし、
音声が必要ならば、
ビデオファイルでいいわけではないだろうか。

せっかく実際に目の前で説明しているのに、
テレビ放送と同じことをしているような気がする。
多分、発表者の練習の場と考えてもいいのだろうか。

むしろ小さな学習会のほうが、
ディスカッションができて、
論文以上のことができるような気がする。

しかし一方で、そういうことは、
大学の医局や専門化同士の集まりで充分に、
ディスカッションができる場があるのだし、
専門化同士ならば、論文のやり取りで分かるし、メールでも充分に分かる。
実際は、論文をチェックするだけでも、
かなりくたびれる。
論文のレビューを割り当てて、発表させたりする。

スライドといういい方ももう古くて、
要するにパソコンに図を入れて、
それを説明していく。

とてもきれいな図を作る人もいるが、
それはパソコンで見られるのだけれどなあ。

集まって名刺を配りあうことも意味はあるけれど。
立食パーティもなんだかなあ。

論文をじっくり読むきっかけにはなるのだろう。

*****
おもしろいのは、
結局、図にまとめていることだ。
長い文章で書いている人はいない。

グラフにしたり、
矢印で概念を関係付けたり、
それを見て、説明している。

人間の思考はそのようなものなのだろう。

文章でも音声でもなく、
グラフィックな理解が本質のようだ。


共通テーマ:日記・雑感
大学生の希望理解と詩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。