SSブログ

初老期うつ病

初老期うつ病にはまたその特徴がある

身体が衰えていくので不安が先行し悲観的になる
睡眠は途切れ途切れになるし認知機能も衰える
何かの加減ですぐに食は細くなるし水分も足りなくなり
脱水になるとそれだけでも精神症状が出る

老年は喪失の連続である
うつになる要素は沢山ある

また脳血管障害が起こりやすく
体に麻痺が出たり
写真で写ったりしないまでも
潜在的に脳血管障害が起こり、そのこととうつ状態が関係しているのではないかと疑われてもいる

それほど初老期・老年期にはうつ病が多い

認知症の始まりがうつ病と紛らわしいのも問題である

*****
周囲の人として困るのは
性格の先鋭化として現れるような場合である
イライラや不安が主になるうつ病もあるし
性格が変わったのではないかと思わせる場合もある

またそのような場合には当然に認知症の始まりも考えないといけないので
慎重を要する

*****
施設に入居している場合には
環境要因も大きい
薬だけで調整しようとするのも限度があると思われる

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。