SSブログ

直感について

直感について
もっとよく考えるべきだと思った

ーー
感覚は当然のように共有を前提としているが
いったい何を共有しているのかよく分からない

カラスが黒いと共通に理解できるが
そこから先はなかなか分からない

絵を描いてもらうと
やはりカラスは黒いがそのことで脳の内部が分かるわけでもない

ーー
感覚によってしか世界像が構成できないとすれば
こんな不確かな話でいいのかということになる

不確かな感覚をつなぎあわせて世界像を構成している
「構成力」にあたる部分があり
そこと直感が関係しているだろうと考えている

ーー
つまり、・・・・だから直感するのではなく
直感するから・・・なのだ

ーー
見えないし聞こえないけど私には直感で分かると言ったとする

何が分かっているのだろう

私は超能力とかそのような話は一応「圏外」にしているので、そのような話ではない

「見えないし聞こえないけど私には直感で分かる」という場合
当然だが本人は分かっている
他人には分からない

ということは脳内で何か発生している

ということは雑音か構造そのものか、どちらかではないか

雑音を言っていても何の得にもならないし、さっさとやめたほうがいい

しかし脳の構造そのものがそこに出てくるなら
結局脳はそのようにしか考えないわけだから
最終的に正しいことなのだ
だから直感についてもっと考える必要がある



共通テーマ:日記・雑感

もっともっとチューしよ

もっともっとチューしよ



共通テーマ:日記・雑感

社会の仕組みを知ったときにはおじいちゃん

思うに、外部環境と内部自己が適合しない場合に
どのようにして妥協するかを学んでいない人が多いのだと思う

社会の仕組みを知ったときにはおじいちゃんというわけだ

ーー
合わせ過ぎる必要はないが

合わせなくても困るのは自分だぞ

ーー
ぴったりの環境を見つけたら
そんなにいいことはない

だからぴったりの環境が見つかるまでもがくのもいい

ここからはどれだけコストをかけられるかの体力勝負だ

もうだめ、という場合には妥協するし
妥協したくないという場合にはそれだけのコストがかかる
当たり前の話だけれど当たり前のことがここでも当てはまる


共通テーマ:日記・雑感

耳に痛いことを言うと嫌われる

耳に痛いことを言うと嫌われる

本当のことを言うと嫌われる

どうする?



共通テーマ:日記・雑感

鶏2万3300羽、殺処分へ 高病原性鳥インフルか 島根の農家

鶏2万3300羽、殺処分へ 高病原性鳥インフルか 島根の農家
2010年11月30日   提供:毎日新聞社

鳥インフルエンザ:鶏2万3300羽、殺処分へ 高病原性鳥インフルか--島根の農家

 島根県は29日、安来市の養鶏農家で、高病原性鳥インフルエンザの疑いが強い事例が発生したことを明らかにした。ウイルスはH5型の可能性が高いという。茨城県つくば市の動物衛生研究所に検体を搬送してウイルス検査し、確定する見込み。

 県によると、この養鶏農家で29日朝、5羽の鶏がかたまって死んでいるのを農場主が発見、不安に思い通報したという。県の簡易検査で鳥インフル陽性であることを確認した。遺伝子検査(PCR検査)でも高病原性鳥インフルエンザの疑いが強いと判断された。

 これを受け、農林水産省は29日夜に鹿野道彦農相を本部長とする防疫対策本部を設置し会議を開いた。

 同省によると、当該農家の飼育数は計2万3300羽で、30日にも殺処分される。また、当該農家から半径10キロ以内が同日にも移動制限区域となる。区域の一部は鳥取県にもかかり、養鶏農家は計5農家(島根側2、鳥取側3)で、計14万羽を飼育しているという。周辺農家の鶏の異常は報告されていない。

 鹿野農相は「拡大をいかに防ぐかに万全を期したい」などと話した。松木謙公政務官と、獣医師の資格を持つ職員ら5人を30日、島根県庁に派遣する。


共通テーマ:日記・雑感

心のブラックホールに聖書

心にブラックホールが
カパッと開く
その時は聖書をしばらく読む
すると心が落ち着いていいと話していた

聖書はそのような実用的な使い方があるのかもしれない

ーー
もうひとつは漬物石

あとブックエンド

ーー
翻訳なのに効くところがすごい


共通テーマ:日記・雑感

人間の良心の分布

ウィキリークは驚きだったけれど
人間の良心の分布について考える

集団というものはだいたい釣鐘型になるものなのだと思う
人数が増えれば多分そうなる

良心的な人が誰もいなければ
比較的良心的な人が
さらに良心的になり
両親の空白を埋めるだろう

邪悪な人が一人もいなければ
比較的邪悪な人がもっと邪悪になり
邪悪の空間を埋めるだろう

そのようなもので多分
集団の機能分化として個人の良心レベルは規定されているのだろうと思う

素朴なゲームの理論で
鷹と鳩
裏切るか裏切らないかとかの話
多数回トライすれば平衡状態になるはずで
人間の攻撃性とか良心とかはそのような平衡状態にコントロールされていると思う


共通テーマ:日記・雑感

金星はVenus

IMG_0158.JPG

ホテルで眠れず朝になる
枕が変わると眠れない
東の空、金星はVenus

「宵の明星」と「明けの明星」と呼ぶが
写真は明けの明星

平安時代には宵の明星を「夕星(ゆうづつ/ゆうつづ)」と呼んでいた。
清少納言の随筆「枕草子」第254段
「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。」

イシュタル
アフロディーテ
ルシファー
唯一神に仕える最も高位の天使
そして地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥(って本当は意味がよく分からないが)

公転軌道が地球より内側にある金星は、天球上では太陽の近くに位置することが多い
夜明けや夕暮れ時など、太陽が地平線の下に隠れて空が暗くなっている間に
金星が地平線より上に現れている

ーーーー
ヴェーヌスベルクに住む快楽の女神がヴェーヌスで
タンホイザーは不明な理由でそれを捨てて
あげく、エリーザベトという女性の犠牲によって魂が救済される
ワーグナーのタンホイザーが
語られるのだが
タンホイザーというのは歌がうまいだけでなんとも真空な人なのだ

あまりにも男性に都合のいい話になっていて
アホかとあきれるが
ワーグナーの都合の良さにあきれる感受性が現代の女権伸張に慣れた精神だ

戦争が始まればあっという間に忘れるだろう



共通テーマ:日記・雑感

匂いに対する感受性

とっても尊敬する先輩なのだけれど
お部屋を訪ねると
なんだか匂いがする

歯磨きをしないで口臭が床にわだかまっている感じ

これはご本人にも言ってあるので書いても問題はないと思う

先輩も普通の場面で普通に暮らしているので
自分の部屋に帰ったときに生活臭に気がつくだろうと思う
差分には気づいているはずだけれどどうだろう

あるいは私が過敏なのか

部屋を訪ねると防虫剤の匂いがきついという場合はある

香水の匂いにむかつくという人はいる
日本人は無臭が好みだ
お香を焚くとお寺さんみたいなので
アロマオイルがいいのだけれど

一日そこにいると感覚が鈍っていて
外から来た人にくさいですよと言われる

ーー
匂いはもともと対人信号として使われていたと思う
腐ったものは口にしてはいけないし
バラの香りがすれば近くに木の実があるのかもしれない

匂いに鈍感というのは
危険を察知しないで鈍感に突っ込むということだ
匂いに敏感というのは他人の縄張りに敏感にも通じる



共通テーマ:日記・雑感

錦鯉

IMG_0009.JPG

IMG_0041.JPG

IMG_0008.JPG


共通テーマ:日記・雑感

つぐない

http://www.youtube.com/watch?v=f6U6QFdIK8s&feature=related

13歳の夏 少女は罪を犯した


共通テーマ:日記・雑感

危険なほうを選べ

可能性が二つあったら
危険なほうを選べ


共通テーマ:日記・雑感

あなたはわたくしをつくりかえてしまいました

あなたはわたくしをつくりかえてしまいました

共通テーマ:日記・雑感

結婚生活で一番大切なのは安定だ いいえ愛よ

http://zoosper.com/videos/yt/ZfsmaNMdb5Q

51年9ヶ月と4日
君に飢えて眠り
君を求めて目覚める

ーー
安定した愛だといい


共通テーマ:日記・雑感

楽にいられる人・いられない人

楽にいられる人・いられない人
というのも考えると面白そうですね

txtとdocで、中身だけと装飾付きでしょう
人間同士でも
txtが一致しているのと
docの書式が一致しているのとあると思うんですが

必要なのはtxtだけで書式はこっちのに従ってほしいとか
docの書式だけが必要なので、txtはこっちに任せて欲しいとか

txtだけ大事と、docだけ大事という人同士はうまくいくのか行かないのか
分業という点ではうまくいくけれど

薄いtxt+濃いdoc と 濃いtxt+薄いdocだと 学習しあう事にもなり補完し合う事にもなり
ぶつからないので
ある種、楽なのではないか

(わたしはdoc嫌いなので、googleのフリー版と一太郎をつかっています、バージョンアップしてないけど)

あまりに貧困なtxtで驚かれて絶望、別れることになるかもしれないけれど

自分ではいけてると思っているdocが実はだめだったりして

ーー
まあ普通に考えてtxtの中身が問題なわけですけれど

ーー
別の例えをすると
変換辞書が一致していると楽ですよね
連想変換辞書といえばもっと近いけれど

認識ならばまだしもで
連想感情変換辞書がずれているときついでしょうね

桜、虫、切り倒せ
とか

ーー
「次の行動予測・辞書」が一致していれば楽ですね

シャワーを浴びているときに何をして欲しいか何をして欲しくないか
それぞれの人でいろいろあると思う
時間、状況で違うようだ

そのあたりの細かい配慮は自閉傾向の人は苦手





共通テーマ:日記・雑感

ジェノグラム

S.ミニューチン「構造的家族療法」
ボーエン
家族内葛藤
拡大家族
ジェノグラム


三世代くらいを図に描いてみることが大切と言われました

ーーー
家族構成員の精紳内界の葛藤や防衛が家族のバランスを乱す

ボーエンは、家族内無意識というものが家族システムの内部に存在し、それによって家族関係のあり方が規定されてしまうことによって、家族内の特定の成員に病理が生じてしまうと考えました。

そのためボーエンは、拡大家族におけるジェノグラム(家族世代図)を描いて、そこにどのような過去からのコミュニケーションのパターンがあらわれるかを特定するようにしました。

その上で、家族内無意識を意識的自我に位置づけなおすことを治療目標としました。


共通テーマ:日記・雑感

「私は恋愛感情ありません」で「いつ頃から思っていたのですか」

私の場合だと
どんなに自己愛が傷ついてもかまわないから行動しなくてはと決心し
行動したら

「私はあなたには恋愛感情は感じたことはないし、いまもありません」と湿度0%の乾いた感じで断られ
「いつ頃から思っていたのですか」と「ついでに」聞かれたりする

精神分析じゃないでしょう
「ついでに明細化」しないでほしい。。。涙洪水

「いつ頃から」って『最初の瞬間から』です

「頃」じゃないです
あの瞬間を私はいまもくっきり覚えているんです
あの時あなたはあのドアを開けて入ってきた
私にとっては、その時すべては決まったというのに


共通テーマ:日記・雑感

財務諸表

財務諸表を作っている人は
当然問題点も改善法も思いつくんでしょうね


共通テーマ:日記・雑感

オフィスにいかずにおうちでお仕事

オフィスにいかずにおうちでお仕事
というのがエコだとか言っているが
ちっとも仕事は進まないはず


共通テーマ:日記・雑感

ウィキリークス

ウィキリークスがすごいですね
アメリカ外交文書

何がすごいって25万点
日本の新聞社でも一応記事にする都合があるので
誰か担当を決める

じゃあ、この3人、期限は一週間、特集記事6本
とあっさり言われて

お手上げ 見出しを見るだけでも 物理的に無理

通信社からの配信記事を必死で待つ


共通テーマ:日記・雑感

ホームポジションに戻す

ホームポジションに戻すということは
子供の頃からの習慣である
生活を滑らかにできる

それができなくなったら
抑制系の欠如を感じさせる


共通テーマ:日記・雑感

日本 中国のための 坑道のカナリア状態

日本
中国のための
坑道のカナリア状態


共通テーマ:日記・雑感

中国語

女は中国語で盛んに話して笑っている

何を話しているのかは分からないが
躁状態であることは分かる

ーー
日本人男性の遺伝子の優秀部分の幾分かは躁状態の中国人女性に伝達されるだろう

登り坂の華やぎ

ーー
日本人国籍を取れるのだから
希望者はいる

国籍が魅力の一部になるのだからいい取り引きである

ーー
この女は健康そのもので
まだ一度も太ったことも妊娠したこともない



共通テーマ:日記・雑感

Bizloopマッチング

Bizloopマッチング
というサービスがあって
なかなか納得出来る
現在9ジャンル46カテゴリ

恋愛マッチングと同じで
優良企業さんは
独り勝ちの様相なのではないか

数字でわかる比較だと
冷酷無比に答えが出る

恋愛マッチングも
9ジャンル46カテゴリ
とか賑やかにしたらどうかな

ーー
印刷とかホームページ作成とか
名刺作成などが代表的だけれど
だいたいは同じで選好する理由をきちんと考えるほどの
重大案件でもない
だから近所で済ます

それが大都市の強みでもあった
ネットでマッチングがきつくなった
地方都市が衰退するはずだ



共通テーマ:日記・雑感

性格未熟と性的放縦

思うんですが
性格の未熟さということと性的放縦が関係しているように思う

抑制系の未発達
で説明できると思う

たとえば
義父と娘の関係

これは義父が充分に大人であり成熟していることでしか回避できないが
実際は回避できないこともある

核家族化していて個室が完備している場合
対策は簡単ではない

人間の心理装置はそんなに高級にできていない

個人的にはカトリックなど好ましい感じがする
抑制的であるが、そのくらいでいい

ーーーーー
【2008-4月28日 AFP】オーストリア東部で女性が実の父親に24年間監禁され、性的虐待を受けて子ども7人を出産していた事件で、オーストリア警察は28日、女性が拘束されていた自宅地下室を捜索した。オーストリアのメディアは前日逮捕された父親のヨーゼフ・フリッツル(Josef Fritzl)容疑者(73)を「怪物」と呼んで事件を報じている。

 被害者の女性はフリッツル容疑者の娘、エリザベス・フリッツル(Elisabeth Fritzl)さん(42)。オーストリア東部アムシュテッテン(Amstetten)の自宅にある天井高1.7メートルの地下室に、自分が産んだ父親の子どもたちと共に閉じこめられていた。

 タブロイド紙「エスターライヒ(Oesterreich)」は「史上最悪の犯罪」と題して6ページの特集を組んだ。同じくタブロイド紙「クローネン・ツァイトゥング(Kronen-Zeitung)」は、「フリッツル容疑者は無類の釣り好きで近隣や地元の人々には人気があったが、自宅の地下室では『怪物』であり残虐な『暴君』と化した」と表現した。日刊紙「プレッセ(Presse)」紙も「こんなことがここで起こりうるか?」と驚がくした論調で続いた。

 アムシュテッテン市のHerbert Katzengruber市長は同市のウェブサイト上に「アムシュテッテンはショック状態にある。わたしたちの思い、気持ちは被害者と共にある」と声明を発表した。

 フリッツル容疑者は、エリザベスさんに産ませた子のうち男子2人、女子1人を正式な養子としていた。妻のローズマリーさんや地元自治体には、3人とも別の年にエリザベスさんが「ほかに世話をする子どもがいるので育てられなくなった」という書き置きと共に、家の玄関に置いていったと説明していたとみられる。

 養子となった子ども3人(19歳、18歳、5歳)は、自分たちの母親や残る3人の兄弟姉妹が地下室に監禁されていることに気づかなかったようで、普通の様子で学校に通っていたという。

 何の兆候も読み取れなかったのは近所の住民や自治体の社会福祉課なども同様で、ある住民は「あの家の庭にはプールがあり、よく3人の子どもの遊び声が聞こえた」と語った。(c)AFP


共通テーマ:日記・雑感

アスペルガーの生きる場所

いろいろあるんですけど
やはり科学は実験して結果がどう出るかで決着するところがある

だから会議では決まらないはずで
そこにアスペルガーの生きる場所も発生する

この時代に会議で時間を浪費しているのはどんな人達なんだろう


共通テーマ:日記・雑感

「労働は商品ではない」という国際労働機関憲章

「労働は商品ではない」というフィラデルフィア国際労働機関憲章

共通テーマ:日記・雑感

動物性タンパク質を確保したかったら、実はイナゴを育てた方が牛を育てた方がいい

動物性タンパク質を確保したかったら、実はイナゴを育てた方が牛を育てた方がいい

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。