SSブログ

人の眉引

振仰けて 若月見れば 一目見し 人の眉引 思ほゆるかも
ふるさけて わかづきみれば ひとめみし ひとのまよびき おもほゆるかも
大伴家持

若月で、月齢の浅い、三日月よりもさらに薄い月を指し、
女の眉を歌う。
三日月と読むべきところを初月、若月と万葉がなで美しく表現している。



月立ちて ただ三日月の 眉根掻(か)き 日長く恋ひし 君に逢へるかも
坂上郎女(さかのうえのいらつめ)

月がまた生まれて出てくる時の、三日月のような私の眉を掻いたからでしょうね。長くお会いできなかった恋しいあなたに会えたんですもの。

眉を掻くと、人に会えるという迷信があった。
長らく焦がれていた人に、ようやく逢えるという嬉しさ。

気がつくとわたしには眉毛がない。
いつも剃っているうちになくなった。


ブッダの悟りの前医業類似行為 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。